敷布団も掛け布団も自宅で洗濯するのは危険?

寝汗は湿気となり、布団を通して床近くに溜まります。
そのため、気がつかないうちにマットレスや敷布団の裏面にカビが生えてしまうことがあるのです。
天気の良い日には寝具を天日干しすればよいのですが、中に蓄積された汚れはそれだけでは取れません。
汚れの中には、ダニの糞や死骸があり、アレルギーのもとになります。

しかし、自宅でふとんを丸洗いするとなるととても大変です。
洗濯機に入るものは、薄い掛布団やタオルケットなどでしょう。
それでも小さな洗濯機では、隅々まで洗えているか不安です。
洗えたとしても、素材によっては、破損や中の詰め物が寄って使えなくなってしまいます。
そのためコインランドリーやふとんを丸洗いしてくれるクリーニング業者を利用しましょう。

コインランドリーと業者を利用するには、それぞれメリット・デメリットがあります。

コインランドリーのメリット・デメリット

まずコインランドリーを利用するメリットはクリーニングの業者を利用するよりも安価で仕上がることでしょう。
ですが、コインランドリーは大型の洗濯機にふとんを放り込むようなものです。
自宅で洗う場合と同様に、気をつけなければならない点があります。

それは洗えるものと洗えないものがあるということです。
中の詰め物が化学繊維やポリエステルを使用している場合、少し縮む程度で収まりますが、綿ふとんや羊毛ふとん、キルティング加工がされていない物は、中の詰め物を偏らせたり痛めたりします。

また、乾燥時間を中途半端に選択すると生乾きになり、カビと匂いの原因になってしまいます。これらを充分に確認しなければなりません。

クリーニング店のメリット・デメリット

その点、クリーニング業者では最後まできちんとした対応を行ってくれるので、ふとんを預けると後は待つだけです。
最近では業者が用意する袋などにふとんを入れ、宅配便で送るという手軽な方法があります。
もちろん洗われたふとんはまた宅配という形で手元に届きますから、時間の都合がつかない方などには非常に便利なシステムになっています。

ただし、料金はコインランドリーを利用するよりも高額になります。
また業者によっても取り扱うことが可能なふとんの種類はあるようです。
中の詰め物によっては不可能なものがありますので、業者に良く確認しましょう。

業者でのクリーニングには、大きさによっても料金が変動します。
また季節の変わり目や複数のふとんを利用することによって一枚あたりの料金が格安になる場合があります。
利用する際は、口コミなどで確認しましょう。


敷布団も掛け布団も自宅で洗濯するのは危険?

ふとんなどの寝具類は気を付けて手入れをよくしますが、見落としがちなのが毛布やカーテンではないでしょうか。
毛布は厚みによっては洗濯機で洗うことができません。
ですが洗わないとふとんと同じように湿気を吸い、汗の匂いがついてしまいます。

カーテンは洗濯機で洗うこともできますが、事前にほこりを落としたりするなど下準備の手間が非常にかかります。
また洗濯機ではほこりや汚れが落ち切ることはなく、カーテンの代えも準備しないといけません。
洗わないでいるとほこりが蓄積し、色がくすんで汚れが目立ちます。
ほこりにはハウスダストが含まれており、アレルギーを気にする方などはこまめに手入れを行った方が良いでしょう。

しかしこれらは自宅で洗うと干し場所を取ったり、乾きにくいという難点があります。
衣類と時間をずらして洗濯をしようとしても、時期によっては乾きにくく、返って雑菌がわき匂いのもとになってしまうかもしれません。
他にも素材によっても洗濯方法が違い、縮んでしまうこともあるようです。
そこで毛布やカーテンもクリーニングに出し、業者に委託すると良いでしょう。

毛布をクリーニングに出す時期ですが、店によって前後はありますがだいたい6月頃から寝具類のキャンペーンを行うようです。
毛布をいつクリーニングに出そうか迷う方は、料金が安くなる時期を見計らって出すと良いでしょう。

対してカーテンは、季節の変わり目などカーテンを交換する時期に行いましょう。
クリーニング店では素材別に対応するので、縮みなどのリスクも少なく綺麗な仕上がりです。
他にもオプションとして防火加工や取り付けサービスを行っているところもあるようです。

料金については、業者やカーテンの素材、持ち込みや集配等により変わってきます。
カーテンは汚れを落とすことによって室内が明るくなるようです。
季節の変わり目など、年に一度はクリーニングするとよいでしょう。
一度お近くのクリーニング店にご確認ください。

カーペット・絨毯・ラグマットをクリーニングに出す

お家の中でお手入れしにくいものに、じゅうたんやカーペット、ラグマットの類があります。
これらは洗濯機に入れて洗うことが難しく、汚れやほこりが沈着しやすいものと言えます。

自宅での手入れ方法として、掃除機をかけたり、拭き掃除や屋外干しが挙げられます。
湿気がこもらないように、家の風通しをよくして絨毯などを乾燥させるのもお手入の一つです。

しかし細かなハウスダストなどは掃除機をかけても毛足の長いじゅうたんなどの中に入ってしまえば、完全に取り除くことは難しくなります。
特に小さなお子様をお持ちのご家庭や、ペットを飼っているご家庭は、ほこりやごみだけでなく匂いや動物の毛が中に入りこみ、さらにお手入が難しくなってしまいます。

カーペットやジュータンなどをお手入れする場合は、季節の変わり目などに行ってしまいましょう。
お手入れは、やはり個人で行うには限界がありますので業者に頼み、徹底的にクリーニングすれば気持ちよく使うことができます。

クリーニング店の中には、特注の絨毯などを専門に取り扱うところもあるようです。
シルクやウールで織られた絨毯などは、相応のクリーニング方法が用意されています。
価格の設定は店によって違いますが、uによって区切られているようです。
毛足が長いものに関しては、洗浄液に浸けこむなどして奥の汚れまで落とします。

オプション加工では、防ダニ加工や修理、サイズ直しも可能なところがあります。
じゅうたんやラグの中には、個人で持ち運ぶのが困難な重さのものもあります。
その場合は集配を利用すると良いでしょう。

カーペットやラグはインテリアの一部です。
長持ちをさせるために普段から入念にお手入れを行っていても、その方法には限界もありますし労力も相当なものです。
また絨毯やラグは重く、簡単にひとりで行えることではありません。

お子様やペットがいるご家庭の絨毯などは、2、3ヶ月に一回はお手入れすることが望ましいとされています。
じゅうたんやラグの手入れにはぜひクリーニング店などを利用し、清潔に保ちましょう。

ぬいぐるみはクリーニングに出すべき!

小さな子供がいるご家庭ではぬいぐるみが多数あるかもしれません。
また子供がある程度大きくなって、部屋に飾られている場合もあります。
子供はそれを抱きかかえ、口を近づけることもあるでしょう。

しかしずっと洗わずにいると、ぬいぐるみも汚れてしまっているのです。
ぬいぐるみに付着している汚れの種類は、子供の手あかだけではありません。
床に転がるたびにほこりやハウスダストも付いてくるのです。
ハウスダストはアレルギーの要因にもなります。

もしご家族に煙草を吸われる方がいるのなら、煙草の煙に含まれるニコチンも付着してしまいます。
ペットを飼っているご家庭なら、毛も付着しているかもしれません。

クリーニングに出す場合、ぬいぐるみ専門の業者に委託することもできます。
ぬいぐるみの専門ですから、専用の洗剤で洗い、傷の修理や防カビ加工、他にも抗菌や除菌などオプションが充実しています。
思い出のぬいぐるみや子供が気に入っているものは、簡単には捨てがたく、また綺麗な状態で保存したいものです。

ぬいぐるみを持つ人は、大人や子供だけではありません。
小さな赤ちゃんは口に含んで存在を確かめます。
舐めても安全なように、ぬいぐるみもぜひクリーニングに出し綺麗な状態にしましょう。

スーツ・Yシャツもクリーニング

仕事着がスーツの場合、大抵代えを何着が用意して着まわしています。
スーツは連続して着用すると、どうしてもしわが付き、繊維も傷んでスーツの寿命が縮んでしまいます。

例え代えがあっても、何回か着用するたびにクリーニングに出さなければ、同じように匂いや汗が染みついてしまいます。
これらは放っておくと、落ちにくくなってしまいます。
汗は黄ばみのもとになりますから、夏場だけでなく年間を通してこまめにクリーニングに出すと良いでしょう。

クリーニングの1回の料金は、加工の種類や業者によっても差があるようです。
ドライクリーニングで上下のスーツを出す場合、相場は1000円から2000円前後となっています。

ドライクリーニングは水ではなく、石油系などの溶剤を使って洗います。
そのため、皮脂や油シミに対しては非常に良く落ちるそうですが、汗は落ちにくいようです。
対して、水洗いでのクリーニングは、水溶性の汗を良く落とします。
この方法は業者によって汗抜き、ウェットなど名前が違いますので、クリーニング方法を良く確かめることが重要でしょう。

また水洗いの方法は、ドライクリーニングよりも若干値段が高めに設定されており、加工時間も少し長めとなっています。
なぜなら、一度ドライクリーニングで皮脂汚れを落とし、次に汗を落とすという手順を踏むからです。
しかしこの水洗い後のスーツはさっぱりとしており、着心地が良いという評価もあり、夏場は特に汗をかきますから、じっとりとしたスーツでは肌にも良くないでしょう。

スーツよりは頻度は落ちますが、Yシャツについてもクリーニングに出しましょう。
ご家庭でYシャツを洗う場合、首周りや袖口の汚れは専用の洗剤でも完全に落ち切らず蓄積してしまいます。
クリーニングの相場は100円代からとなっており、毎日出したとしてもそれほど負担にはなりません。
またパリッとして清潔感が出ます。
スーツのヨレやしわは、着ている方の評価にもつながる場合があります。
スーツ等は常にきちんとした状態にしておくことが大切です。

ブーツや着物、寝袋なんかもクリーニングに出せる?

クリーニングでは着物などの衣類だけでなく、ブーツや寝袋といったものまで出せます。
それぞれ専門店があり、ネットなどで受け付け可能ですが、地元のクリーニング店でも出すことは可能です。
しかしこれらを自分でお手入れするとなると、洗濯機に放り込んでスイッチ一つ押すだけではできません。

例えば、季節が春を迎えるころになると、冬物の整理が始まります。
この時ブーツも消臭剤や抗菌剤等をスプレーして、涼しい場所へ保管することでしょう。
靴の類は自宅では簡単に洗うことができません。
ブーツの素材は皮以外にも合成皮革、スエードなど様々な素材を使用しています。
特に天然革のものはお手入を怠ると、カビが発生してしまうこともあります。

アウトドアが好きな方は、登山などで寝袋を活用されますが、お手入といっても外側を拭くだけに終わっていませんか。
その寝袋も数回使えば寝汗や匂いがついています。
これらは寝袋が劣化してしまう原因になりますので、こまめにお手入が必要です。

着物は、着た後すぐにお手入をしなければ黄ばんでしまいます。
特に汗を吸う半襟は、手洗いをします。素材が正絹であれば京洗いに出さなくてはなりません。
着物自身も、ハンガーにかけて一晩干さなくては湿気が取れないようです。

このように、ブーツも寝袋も着物も、使用した後はお手入れが必要ですが、その方法は細々としています。
そこでクリーニング店にだし、しっかりと汚れを落としてもらいましょう。
ブーツをクリーニングに出す場合、一足3000円前後からになっています。
寝袋の場合は、通常2000円からとなっており、防水加工などを施すのであればプラスアルファの料金がかかるようです。

着物は留袖など種類によって価格が前後しますが、五千円前後になっています。
格安の所であれば、集配込で3000円から受け付けているところもあります。

いずれもスーツをクリーニングに出す時以上の価格ですが、使い慣れたものや高価なものを大事に使おうとするなら、きっちりとお手入は行った方が良いようです。
インターネットで探せば、格安の所がありますので、近所のクリーニング店と比較してみましょう。

羽毛・ダウン・ムートンはクリーニング料金に注意!

季節の変わり目になると、今まで使用していた衣類や寝具は整理し、お手入を行った後に保管します。
羽毛であるダウンやフェザー、他にもムートンを使用した衣類や寝具は一部洗濯機で洗うことが可能なものもありますが、できないものも多くあります。

ダウンを自宅で洗濯

ダウンは特殊素材ながら、自宅で洗濯できる衣類の一部です。
有機溶剤を避け、水溶性の洗剤で洗う必要があります。
衣料品のダウンを洗う際、表地裏地ともにポリエステルであることが望ましいでしょう。

しかし自宅で洗うことができるとはいえ、ダウン専用の洗剤を使い脱水後は数日乾かさなければならないなど手間がかかります。
洗剤によっては、羽毛の機能を損なう恐れがありますので必ず専用の洗剤をご使用ください。

ムートンのお手入れ

素材がムートンの場合、静電気が起こりやすい性質からほこりが付きやすくなっています。
こまめなブラッシングや専用の洗剤で洗い、コンディショナーで整えるなど自宅でもお手入は可能です。
風合いを保つために数年に一度はクリーニングに出すと良いでしょう。


この二点の素材を使用したものをクリーニングに出す場合、特殊品扱いになるので通常より高額になります。
ダウンなどの羽毛が詰め物の衣類のクリーニングは、2000円前後になります。寝具になるとさらに価格は上がります。

この場合は、季節の変わり目などに、敷布団や毛布などとセットでクリーニングに出すと割引等を受けられことがありますので利用するとよいでしょう。
ムートンの素材も同じように、衣類に使われているものとカーペットや寝具に使われているもので金額設定が変わります。

また店によっては特殊品のクリーニングは、専門の処理を施さなければならないため、明確な金額の設定ができない場合があります。
そのため内金として基本料金の前払いをし、生じた差額を払うというところもあるようです。

このような特殊素材は、普段からこまめにお手入をして劣化を防ぎ、数年に一度クリーニングに出すなどサイクルを決めておくと良いようです。

更新履歴